堀 健二

堀 健二 (ほり けんじ)
<四国八十八ヶ所霊場会公認先達>

出身地
香川県
血液型
O型
趣味
バレーボール、食べ歩き
座右の銘
人生最悪のときこそ最高の舞台だ

略歴

1979年(昭和54)8月 大阪生まれ
愛知県某大学を卒業、すぐに帰郷し現在の会社に、入社後すぐに四国八十八カ所の研修に出て初めて”おへんろ”を体験しました。その後、たくさんの経験を積む中でお遍路の魅力や四国の楽しさをじわじわと感じてき、この楽しさ魅力を皆さんに味わって頂きたい。と思い日々奮闘中。

仕事にかける想い

当社には”お遍路”が初めてで何も分からず不安だというお問い合わせが多くあります。そういう方々にとって私共はお四国の最初の窓口になると思うので、なるべく分かりやすく丁寧に案内し、”有難う”といって頂けるようにがんばりたいと思います。

私の夢

約1,200年前に弘法大師(空海)がに四国の地に残してくれたこの遺跡を現在の我々が皆様に案内する。って考えただけでもなんだかワクワクします。その道は丁髷姿の侍さんや馬に跨った侍さんが通った道で、山道の山頂付近では今でも茶屋跡が残っているところや、馬止めなる場所が存在します。そんな道に自分も足跡を残し歩いていると思うだけでもとても考え深く、思わず目を閉じ当時の面影に想像を膨らませ楽しんでます。そんな四国八十八ヶ所に興味がある方々を一人でも多くサポートさせて頂き、感動や興奮が伝わっていけばと思っています。