巡拝お寺ガイド

栴檀山 教王院 せんだんさん きょうおういん こうおんじ
第六十一番札所 香園寺

第六十一番札所 香園寺

聖徳太子ゆかりのモダンな寺は子宝祈願に人気

御詠歌

のちのよを思へばまいれ香園寺とめてとまらぬしらたきの水

本尊

大日如来

真言

おん あびらうんけん ばざら だどばん

宗派

総本山(真言宗単立)

開基

聖徳太子

お寺の歴史・全体像

小松町のはずれ、山の麓で約1万坪の敷地を誇る香園寺は、聖徳太子ゆかりの寺です。しかし寺とはいえ、お遍路さんを迎えるのは鉄筋コンクリート建ての大聖堂(本堂・大師堂)。設備も十分に行き届いており、札所とは思えないモダンなたたずまいです。その現代的雰囲気のする境内に反し、寺の歴史は古く、用明天皇(585~586)の病気平癒を祈願して聖徳太子が創建したと伝えられています。この時金衣白髪のお老翁が飛来、本尊・大日如来を安置しました。行基、弘法大師ともにこの寺を来錫。大師が寺の麓にさしかかった時、一人の女性が難産で苦しんでいました。大師が栴檀の香を焚いて祈梼したところ、玉のような男児が誕生したといいます。

そこで大師は唐から持ち帰った一寸八分の大日如来の金像を本尊の胸に納め、唐木栴檀の香を焚きながら、安産、子育て、お身代わり、女人成仏の四請願と秘法を寺に伝えて霊場に定めました。栴檀山の山号は、この由来から付けられたそうです。一時は七堂伽藍、6坊を備えていた寺だが、長宗我部元親による天正の兵火で堂宇を焼失。大正2年に再建されました。当時の住職・山岡瑞園師が子安講を創始。子安大師の四請願を旗印に、国内及び海外を行脚。全国に20万人の講員を獲得しました。子安大師は、現在に至るまで多くの人から「子安の大師さん」と信仰を集めています。建物のいたる所には、この寺のご利益で子宝に恵まれた人から奉納された赤ん坊の写真が飾られています。

お寺について

  • 子安会館・遍照会館

    いわゆる宿坊。冷暖房完備の建物は、ホテル並みの豪華さを誇っています。収容人数は、250名です。

  • 本堂・大師堂

    本堂・大師堂

    昭和51年に建てられた大聖堂は、本堂と大聖堂を兼ねた建物です。大聖堂は正面から拝むことができるほか、横の入口から内陣に入ることもできます。堂内・正面には黄金色の巨大な大日如来(本尊)、脇侍の不動明王、子安大師がまつられています。本堂だけでも600余りの固定席があり、コンサートホールのような広さです。通称「褐色の大聖堂」

  • 子安大師像

    子安大師像

    境内の一隅にある子安大師像は、背中にゴザを背負い右手に錫杖を持っています。左手に赤ちゃんを抱いた姿は優しさいっぱいで、安産、子育てに関する信仰を集めています。

香園寺までの地図

香園寺までのアクセス

いよ小松インターチェンジから国道11号線を西条市方面へ、香園寺交差点を右折、約370m走り右折後、正面にあります。

  • いよ小松インターチェンジからは約5分
  • 第六十二番札所の宝寿寺まで車で約5分
香園寺
住所 : 愛媛県西条市小松町南川甲19
TEL : 0898-72-3861
寝坊 : あり
駐車場 : あり(トイレ横・境内まで徒歩2分、無料、100台)

お遍路ツアーのお問い合わせ・ご相談お電話でのご相談・お問い合わせも大歓迎!

お問い合わせフォームからお遍路ツアーのお問い合わせ・ご相談